ジムでトレーニングをしていると地味〜に辛くなってくるところってありませんか?

腕、、、、脚、、、、お腹、、、、、あ!頭!

辛いですよね。頭の悪さ。もうトレーニングとか関係なく辛いです。なんでもっと勉強しなかったんだろうとか、ホント今になって後悔してま、、、あ!すいません!自分の劣等感につい、上の空になってましたw

 

みなさんが辛いのは握力ですよね!

 

トレーニング中に、手の平が痛くて「あーもうヤダ!やってらんない!」となったこと、ありませんか?

特に背中のトレーニングで、いわゆる引く種目をやっていると手のひらが痛くて握っていられなくなることありますよね。

重い重量でトレーニングがしたいのに手が痛い。手が痛いけど、重い重量でトレーニングがしたい。

ドMトレーニーにとってはこのようなジレンマはよくあることです。

手にマメを作って優越感に浸るのもいいですが、マメなんて作った日には、次の日から痛くてトレーニングも十分にできません。

あなたはそんな時に対処法を知っていますか?

 

実は僕は知っています!だから教えます!ねw

タタタタッタッタターン!リストストラップ&パワーグリップ〜♪

 

あなたはこの二つのアイテムを知っていますか?

リストストラップやパワーグリップはまさに今回のテーマでもある手の平の痛みを回避してくれる優れもののトレーニング道具?用具?アイテム!なんです!!

 

手に痛みがなくなると人ってどうなるか知っていますか?

 

パワーグリップをつけるだけで、今まで引けなかったような重量が引けるようになり、余計な力が入らないので、質の高いトレーニングができます。

また、パワーグリップを使えば、お肌がデリケートな人でもおマメを作らずにトレーニングを行うことができます!さらに、付けているだけでトレーニング初心者のあなたでも、できるんだ感、俺強いぞ感がめちゃくちゃ上がりますw

 

だからあたかも自分がハルクになったかような気になってインスタとかあげちゃんうんですよね。これが。みなさん優しく見守ってあげてくださいw

 

パワーグリップとリストストラップは要するに1石4鳥のとっっても優れものなんです!

とりあえず、一つ持っているだけでトレーニング内容が劇的に変化するため、手の平の痛みで悩んでいる人はぜひ購入してみてください。今回はリストストラップやパワーグリップの使い方や効果を思う存分紹介します!

1、リストストラップとは?

まずは、パワーグリップの前にリストストラップを紹介します。

 

「え?パワーグリップじゃないの、俺こいつに興味ないよ?」

そんな冷たいこと言わないでください。彼だって立派なトレーニングアイテムなんです。

リストストラップも手を守ってくれるすげーいいやつなんです。だからせめて今日だけは優しくして、、、、

 

はい、すいません。話を戻します。

リストストラップとは帯状のトレーニング用具のことで、これを手に巻いて使用します。

リストストラップはロウイング系の引く動作やデッドリフトなどの主に低い位置からバーベルやダンベルを持ち上げる際に使います。

素材はレザー(革)、アクリル、コットンなど様々あり、基本的には滑らない素材でできています。リストストラップは使っていて切れるようなことはほとんどないため、安心して使えます。

 

ロウイング系の引く種目やデッドリフトのような高重量を扱う場合は体が動かなくなる前に握力がもたなくなる場合があります。そんな時にこのリストストラップを使用すると握力の補助となり、手の痛みが少ないので高重量が扱えます。

リストストラップの巻き方と使い方

リストストラップの使い方

では、商品の説明に移る前にどうやってリストストラップを使うのか紹介したいと思います。

 

動画を見てもらうのが一番わかりやすいと思いますが、やり方はバーベルと共に手に巻きつけるだけですw

 

ただし!はじめてリストストラップを使う人は大体バーベルに巻きつける際に、このリストストラップが緩むことが多いんです。

リストストラップは締め付けることポイントなんです。

それで、締め付けが弱いとバーベルと手の間に隙間ができ、結局強く握らないといけなくなります。

 

そのため、リストストラップを巻きつける際はしっかりと引っ張りながら手に巻きつけ、最後にバーを転がすようにリストストラップを締めていきます。十分締め付けられたところでバーベルを握り直し準備完了です。

何度がやっているうちにコツがわかってくるため慌てずにトライアンドエラーを繰り返してください。

厳選オススメのリストストラップ!

リストストラップはトレーニングアイテムの中でもかなり丈夫です!

そのため、ケチって安いものを買うよりこれが欲しい!と思うものを買ったほうが絶対後々、後悔しません。

リストストラップはパワーグリップに比べて安価なものが多いので、気を使わずに選ぶことができます。

GOLD'S GYM(ゴールドジム) リストストラップ

 

ゴールドジムから販売されているリストストラップです。とてもオーソドックスなタイプで昔から多くの人に愛用されています。

このリストストラップは滑りづらく洗濯もできるため清潔に使えます。

洗濯ができるっていうのが本当に大切なポイントなんです。トレーニングアイテムってみんな洗わないことが多いんですよね。だから気付いた時には男子校の部室のような匂いがするんですよ。マジで。。

そうすると筋トレしてる人って汗臭いんだ。。とか、ちょっとあの人臭わない?。。。とか、あいつ超臭いし。。とか、あの人嫌い。。

っていうことになるんですよ。

だから定期的に洗って、美しいトレーニーになってください!っていうことが言いたいだけです。

このリストストラップの価格は比較的安く1,500円程度で購入ができます。

安価なので洗わなくても、生活にゆとりのある人は大人買いをするっていう方法もありますよ!

シーク(Schiek) レザーリフティングストラップ

 

 

このシークのリストストラップは革製(レザー)のストラップです。革製のリストストラップは一番滑りづらくしっかり固定ができるため、高重量を扱いたい人には特にオススメです。

僕も個人的には革製のリストストラップが一番使いやすいと思います。

リストストラップは手首に巻くとムチのようにプラプラするので、1回ぐらいは友達とかにペチンッって当てたくなるんですよねw

このリストストラップは洗濯はできませんが、長く使え耐久性にも優れています。

使っているうちに味が出てくるので、なんか使ってるうちに愛着が湧きますよ。

価格はアクリルのものよりも多少高く2,500円前後です。

価格だけで見ると高く感じますが、いろいろ妄想を膨らませると、このリストストラップが2500円ということに安く感じるようになります。

Schiek(シーク)ベーシックリフティングストラップ


こちらもシークのリストストラップです。ストラップ端には、ほつれにくい加工が施されており、このリストストラップは長持ちします。ゴールドジムのリストストラップ同様ファーストモデルとしてオススメです。

価格も安く1,500円前後です。

ゴールドジムのものとそんなに変わらないので、説明はこれぐらいで良いですかね。

めんどくさいわけじゃないですよ!ただ、僕はレザーがオススメなだけです。レザーがねw

2、パワーグリップとは?

パワーグリップは腕に巻く部分とラバーでできたベロ状のものが一体となったトレーニング用具です。

パワーグリップは左右形が違うものが多いため形状を確認してから装着します。ほとんどのものが親指側がえぐれているため装着した時にわかります。

 

左右を確認して手首に装着することができたら、次にバーベルやダンベルに巻きつけます。

ベロの部分を下から巻きつけることが一般的ですが、そのまま上から握っても使用することもできます。パワーグリップは握るだけで握力や手のひらの保護につながるため初心者でもとても使いやすいです。

チンニング(懸垂)やラットプルダウンの際に使うことをオススメします。

ロウイング系の種目でも使えますが、重量が重すぎる場合はゴムの部分がちぎれる可能性があるため、デッドリフトなどの高重量を扱う場合はリストストラップを使った方が良いです。

パワーグリップの巻き方と使い方

パワーグリップは手首にマジックテープのところを取り付け、直接バーベルを握るだけで装着が完了するトレーニングアイテムです。

基本的にはベロの部分を下からバーベルに絡めるように巻きつけ、上から優しく手で被せます。

そのほかには直接ゴムの部分を上からバーベルにかぶせて使うこともあります。しっかり固定して行いたい場合は下から巻きつけると良いです。パワーグリップは初心者の人でも簡単に使うことができます。

厳選オススメのパワーグリップ

パワーグリップはメーカーによってラバーの部分の形に違いがあります。また価格によってもの少し違いがあるため、

お金のある人は、黙って高いやつを買いましょう。

安いパワーグリップはラバーの部分が裂ける可能性も高いですし、基本的には安かろう悪かろうなので。

ゴールドジム パワーグリッププロタイプ

ゴールドジムから出ているパワーグリップは使いやすく、ラバーの部分もしっかりしているため、初心者から上級者まで多くの方に使われています。

ゴールドジムから出ているパワーグリップは2種類あり、プロタイプはゴムがあまり厚すぎず、ベロ状のラバーも大きすぎなので、僕としては一番使いやすいパワーグリップだと思います。

謎にMとLサイズを持ってますw

僕は手首が細い方なので、Mサイズを使っています。女性はSサイズで問題なく使えるでしょう。

パワーグリップの価格は若干の変動がありますが、8,500円から9,000円程度で購入が可能です。

でかい背中が欲しい人は買わない手はないです。というか買おうか迷っている意味がわかりません。あなたが今迷っているうちにもすでにパワーグリップという名の魔法の道具を持ったトレーニーたちはシコシコと背中のトレーニングをしているでしょう。

置いてかれていいのですか?

さぁ今こそお母さんの財布から1万円を抜いて、気づかれないうちにネット通販で銀行振り込みをするんです!サァ!(怒られないようにしてねw)

ゴールドジム パワーグリップクラッシック

ゴールドジムのクラシックはスタンダードなパワーグリップです。

僕の感想は、あくまでも主観ですが、ラバーの部分が少し厚いような気がします。またグリップも若干大きめかなと。

使ったことがないのではっきり言えませんが、触った感じだと使いにくくはないと思います。

 

価格は6,000円から6,500円程度とプロタイプよりも料金は抑えめです。

ラバーの部分が厚いとバーベルを握る際に握りづらいかなと個人的には感じています。

それでもゴールドジムの商品なので、心配はする必要ありませんが、迷ったらプロタイプを選びましょう。

varsa(バーサ)のパワーグリップ

バーサのパワーグリップは色の種類も豊富なパワーグリップです。これもトレーニング初心者から上級者まで愛用されています。

これ知ってました?

ゴールドジムのプロタイプのパワーグリップに「VERSA GRIPPS BY GOLD GYM」って買いてあるんですよね。ってことはですよ。

バーサグリップとゴールドジムのパワーグリップって一緒じゃね?ってなるわけですよ。

それで横に並べてみると、

一緒じゃねーーーかーー!ってなったんです!

ほらほらほら!!証拠写真!

なのでバーサグリップもゴールドジムもどっち買っても一緒なんです。

価格はバーサグリップが謎に高騰しているので、どうしてもバーサグリップのデザインが欲しい人はバーサグリップを選んでも良いですが、中身が一緒ならゴールドジムのパワーグリップを買えば問題ないかと思います。

MissionProgress(ミッションプログレス)のパワーグリップ

ミッションプログレスのパワーグリップは夏が一番似合う男性を決める大会サマースタイルアワードをプロデュースする金子賢さんが監修を行なったコラボモデルです。

僕はこのパワーグリップを使ったことがありませんし、今まで使っている人を見たこともありませんw

なので気になる人は買ってみてください。

使いづらいか、使いやすいかはあなた次第です。

リストストラップとパワーグリップはどっちの方がいいの?

よくリストストラップとパワーグリップはどちらを買えばいいんですか?と聞かれることがありますが、この二つはどちらもメリットとデメリットがあります。

箸とフォークのようにどちらにも向き不向きがあります。この話したいんですけど、また長くなりそうなので今日はやめておきます。

 

この二つのアイテムは用途によって使い分けることが一番良いでしょう。

まずリストストラップは高重量を扱う時に使いましょう。ロウイング系、デッドリフト、シュラッグなどの種目で手にかかる負担が大きい時にはこのリストストラップが有効です。

リストストラップは布や革でできているものがほとんどなので耐久性に優れとても丈夫です。

いくら重いものをつけても相当なことがない限り切れることはありません。

リストストラップちぎりたい人は高重量を持ち上げて試してみても良いでしょう。

きっと、重量をつけたバーベルを引けなくなるか、その前に腕がちぎれるかどちらかだと思いますw

 

パワーグリップはチンニングやラットプラダウンのような上から引く種目で使うと良いです。パワーグリップは丈夫ですが重量が重すぎるものを扱うとゴムでできたラバーの部分が裂けてしまうことがあります。

何度も言うようですが、パワーグリップは一度裂けると使い物にならなくなり、なんならテンションまでも持っていかれるので、比較的軽い重量を扱う種目で使用し、壊さないように大切に扱いましょう。

リストストラップパワーグリップ
使いやすさ☆☆☆☆☆☆☆☆
耐久性☆☆☆☆☆☆☆☆
価格☆☆☆☆☆☆☆
レベル中級者から上級者初心者から上級者

手の平を守る魔法のアイテム。リストストラップ&パワーグリップ!のまとめ

たくさんのリストストラップとパワーグリップを紹介してきましたが気に入ったものは見つかりましたか?

できればリストストラップとパワーグリップは用途に合わせて使うのが一番いいですが、

 

そんなにいらない。一つだけでいい。

と言うわがままなやつはパワーグリップを選んでください。

 

ゴールドジムのプロモデルのパワーグリップなら、お前らが扱える重量ぐらいじゃ壊れることはねーからな。(気を悪くなさらずにw)

 

今回紹介したものは実際に手にとって触れてから決めることが一番いいですが、スポーツ用品店にはあまり扱っているところが少ないのでお近くにない場合は、今回の記事を参考にしてネットから注文をしてください。

この記事を書いた人
userimg
小林優一郎
THE RED CARPET プロモーター/プライベートジム「ピトレスク」代表 1987年生まれ、長野県出身。
パーソナルトレーニングからイベントの企画・運営、インターネットサービスの開発、情報発信などをしています。
このブログでは、そんな僕の起業日記を書いています。もちろん、筋トレのやり方やダイエットの方法なども発信しています。
僕に興味を持っていただけたらFacebookやInstagramのページよりフォローをお願いします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう