みんなさんはメンズフィジークってご存知ですか?

ボディメイクをしている人やカラダを鍛えている人だったら知っていますよね!

国内のメンズフィジーク選手はイケメンで体も大きくかっこいい選手が多いため女性はもちろん男性も楽しめるので知らないと損ですよ。

近年はボディメイク人口が増える中、今回紹介するフィジーク選手もどんどん増えてきているので知らない人は是非一度チェックしてみてください。

メンズフィジークとは?

出典:フィジークオンライン

メンズフィジークはJBBFNPCJといった団体のコンテストカテゴリーのひとつで、ボディビルダーなどが出場するコンテストです。

ボディービルダーと違いメンズフィジークはサーフパンツを履いてステージに上がりポージングをします。

メンズフィジークという競技自体は、ボディビルと同じで筋肉を評価対象にする競技です。

しかし、必ずしも筋骨隆々であることが評価される競技ではありません。形が良くバランスのいい筋肉に加え、ステージ上での立ち居振舞いサーフパンツのデザインやカラー、はたまた肌の色艶、髪型に顔など、それらのトータルパッケージで評価される競技、それがフィジークです。

国内で人気のメンズフィジーカー

それではこれからイケメンマッチョな方々を紹介します。筋トレを始めた人やこれから体を鍛えたい人は目標にすることをお勧めします。

エドワード加藤選手

出典:beyond-gym.com

エドワード加藤選手は2016年のオールジャパン選手権メンズフィジーク176cm超級で優勝を果たしたイケメンフィジーカーです。彼の特徴としては何と言っても大きな肩です。肩の大きさは他のフィジーカーよりも圧倒的に大きく丸みを帯びています。エドワード加藤選手はメンズフィジークに出場する前はbestbodyjapanという団体が主催するコンテストで2015年に準優勝をしています。また現在はbeyondというジムの代表でもあり経営者の顔も持つ人気のフィジーカーです。

佐藤 正悟選手

出展:http://kazuyaabe.com/?cat=1

佐藤選手はメンズフィジークの分野で世界で活躍するメンズフィジーカーです。過去には2014ベストボディジャパン ミドルクラス 優勝、2015キングオブフィジーク176cm以下 優勝、2015全日本メンズフィジーク176cm以下 優勝、2015全日本メンズフィジークオーバーオール 優勝、2015IFBB世界フィットネスチャンピオンシップ メンズフィジーク174cm以下 銅メダルと輝かしい成績を収めています。

佐藤選手の体の良いところはとにかくバランスが良いところでしょう。厚みにあるからだとそこから腹筋にかけてのVシェイプはかっこいいという言葉以外見つかりません。お仕事は不動産の経営者でもあるようです。

長谷川浩久選手

出典:https://www.rise-pf.com

長谷川選手は2014年フィジーク初代日本チャンピオンとしてとても有名な選手です。2015年にはフィジーク初代アジアチャンピオンに輝き、2016年はフィジークスポルテックカップ初代チャンピオンとなりました。長谷川選手の体の特徴は筋肉のボコボコ感でしょう。ひとつひとつパーツがしっかり鍛え上げられ腹筋の立体感は圧巻です。

また長谷川選手はRISING SHIFT 代表取締役であり、健康事業戦略立案プロデューサーでもあります。経営者専用ジムRise。女性専用ジムStyledege。オンラインダイエットRealizeを運営しており、凄腕経営者です。

湯浅幸大選手

出展:https://twitter.com/hashtag/湯浅幸大?src=hash

湯浅選手は元々ボディビルの選手で途中からフィジークに転身した選手です。その経歴はすごく2008年 東京オープンボディビル選手権70㎏級にて10㎏以上の減量を経験し、初出場・初優勝、2014年 30歳 東京クラス別ボディビル選手権ミスター70kg級優勝、2015年 東京選手権男子フィジーク172cm以下級優勝、2015年 オールジャパンメンズフィジーク選手権大会172㎝以下級2位、2016年 アジア選手権「第50回アジアボディビル&フィットネスチャンピオンシップ」メンズフィジーク172㎝以下級で初の2位というコンテストに出るたびに表彰台に上がる選手です。湯浅選手はバランスのとれた体が特徴的で、上半身のみならず下半身もキレキレなトータルバランスがとても良い選手です。ワークアウト・ライフ 代表取締役でもあり、トレーナーとしても超一流です。

中村厚志選手

出典:フィジークオンライン

中村選手はトップボディビルダー並の筋量を誇るフィジーカーとして多くの人に知られています。2014年8月 オールジャパン選手権 3位、2014年10月 グアム親善大会 2位、2015年4月 アジア選考大会 2位、2015年9月 世界選考大会 2位、2015年11月 世界選手権大会 14位と世界の第一線で活躍する選手です。中村選手のバルクはフィジーク選手の中でも間違いなくトップクラスです。現在はフリーのパーソナルトレーナーとして活躍されており、今後も注目の選手です。

金子駿選手

出展:https://twitter.com/hashtag/カネキンフィットネス

金子選手はカネキンといった方がわかりやすいでしょか?筋トレをしている人でこの人を知らない人はいないというほど有名なYouTuberです。最近ではNPCJ WORLD LEDENDS CLASSICで優勝してさらに人気になった選手です。

金子選手の体の特徴は体の絞りと綺麗なセパレーションでしょう。普段からあまり脂肪をつけない金子選手は上手にウエイトコントロールをしながら筋トレを行なっています。

アパレルブランド:Kanekinアパレルはとても人気が高くその様子も動画で公開しています。気になる人は是非チェックしてみてください。

YouTubeチャンネル:Kanekin Fitness

まとめ

どうでしたか?みんな体も顔も良くて羨ましい限りです。

メンズフィジークは年々人数が増えていてこれからさらに若手の選手がたくさん出てくるカテゴリーだと思います。筋トレを行なっている人のゴールはこのフィジークと言う人も多いのでぜひ今まで紹介した選手のような大きな体を手に入れましょう。

それにしても、フィジークの選手の皆さんは社長ばかりでしたね。汗

顔も体も仕事もできるそれがフィジーク選手なのかもしれません。みんなも頑張りましょう。

バルクアップならコレでしょ!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事