ベストボディ・ジャパン2017 〜 国内及び国際スケジュール!









今回はいよいよ始まるボディメイクコンテストのスケジュールを発表します。今年は業界でもトップでスタートするベストボディジャパンのスケジュールの発表です。2015、2016年ととても盛り上がった大会です。

今年の一発目はベストボディジャパンのホノルル大会です。ベストボディジャパンの国際大会はまだ人数が少ないので日本大会に出場したい人にとってはおすすめなコンテストです。自分のコンディションに合わせやすいように大会数も増えているためベストな状態で望みたいですね!

《 ベストボディ・ジャパン2017 〜 国内大会スケジュール及び国際大会スケジュール 》

今年度2017年度のベストボディ・ジャパンのコンテストは、37〜38都道府県で開催。
そして、今年度の日本大会も日本国内最高峰の会場でありますグランドプリンスホテル新高輪・飛天で11月に開催致します。

尚、ミスター&ミス・モデルジャパン部門・フィジーク&ビキニ部門・スーパーモデル部門も同時開催でグランドプリンスホテル新高輪・飛天にて開催されることが決定致しました。

2017年度のベストボディ・ジャパン日本大会への出場権利は、各予選大会の各クラスグランプリ及び準グランプリ(各クラス上位2名)の選手が日本大会出場権利を獲得できます。
ただし、ホノルル大会のみ海外大会特別枠として、各クラス上位5名の選手が日本大会出場権利を獲得する事ができます。

以下、2017年度大会スケジュールです。ご確認ください。

【2017年度大会スケジュール】

◆ベストボディジャパン部門

■ホノルル大会 3月12日(日)
■千葉大会 5月4日(木・祝)
■盛岡大会 5月5日(金・祝)
■静岡大会 5月13日(土)
■水戸大会 5月14日(日)
■神戸大会 5月21日(日)
■さいたま大会 5月28日(日)
■大津大会 6月3日(土)
■和歌山大会 6月4日(日)
■山梨大会 6月10日(土)
■長野大会 6月11日(日)
■岐阜大会 6月18日(日)
■福井大会 6月25日(日)
■横浜大会 7月2日(日)
■福岡大会 7月9日(日)
■奈良大会 7月16日(日)
■広島大会 7月17日(月・祝)
■山口大会 7月22日(土)
■金沢大会 7月23日(日)
■東京大会 7月30日(日)
■福島大会 8月6日(日)
■仙台大会 8月12日(土)
■宇都宮大会 8月13日(日)
■名古屋大会 8月19日(土)
■前橋大会 8月20日(日)
■京都大会 8月26日(土)
■大阪大会 8月27日(日)
■松江大会 9月3日(日)
■新潟大会 9月10日(日)
■津大会 9月17日(日)
■岡山大会 9月18日(月・祝)
■宮崎大会 9月24日(日)
■高松大会 10月8日(日)
■長崎大会 10月9日(月・祝)
■鹿児島大会 10月15日(日)
■札幌大会 10月22日(日)
■日本大会 11月26日(日)
*那覇大会 会場側と日程調整中
【同時開催大会スケジュール】

◆フィジーク&ビキニ部門

・関西大会(和歌山大会) 6月4日(日)
・東海大会(岐阜大会) 6月18日(日)
・東北大会(仙台大会) 8月12日(土)
・関東大会(宇都宮大会) 8月13日(日)
・九州大会(宮崎大会) 9月24日(日)

◆ミスター&ミス・モデルジャパン部門

・ホノルル大会 3月12日(日)
・東北大会(盛岡大会) 5月5日(金・祝)
・関東大会(山梨大会) 6月10日(土)
・関西大会(京都大会) 8月26日(土)
・東海大会(津大会) 9月17日(日)
・九州大会(鹿児島大会) 10月15日(日)

◆パーソナルトレーナー部門

・横浜大会 7月2日(日)

◆カレッジ部門

・さいたま大会 5月28日(日)

◆ハイスクール部門

・水戸大会 5月14日(日)

◆ジュニア&キッズ部門

・東京大会 7月30日(日)

*フィジーク部門、ミスター&ミス・モデルジャパン部門に関しては、同一人物が複数の大会に出場し、上位1.2位に入賞した場合、1番最後に出場した大会成績が有効となり、日本大会の出場権を獲得する事ができます。
尚、同一人物が日本大会出場権を獲得する前に出場していた大会で上位1.2位に入賞していた場合、その大会の成績は無効となり、3〜5位までの選手が繰り上がり、日本大会の出場権を獲得できる場合があります。
例)Aさんが6月4日(日)のフィジーク関西大会に出場し、1位を獲得した後、8月13日(日)のフィジーク関東大会にも出場し、1位を獲得した場合、前者の大会の成績は無効になり、後者の大会の出場権が有効になります。
よって6月4日(日)の関西大会で3位を獲得した選手が繰り上がり、日本大会の出場権を得ることができます。

*パーソナルトレーナー部門、カレッジ部門、ハイスクール部門、ジュニア&キッズ部門につきましては、その大会で完結となり、日本大会へ直結する大会ではございません。

*カレッジ部門・パーソナルトレーナー部門に関しましてはダブルエントリー可能です。

【企画・制作】
T-BODYMAKE株式会社

【主催団体】
一般社団法人ベストボディ・ジャパン協会

*一般社団法人ベストボディ・ジャパン協会facebookページより引用

まとめ

ベストボディジャパンは年々人口が増え選手の質もとても上がっています。ボディメイクコンテストを行う上では登竜門といっても過言ではないでしょう。

ベストボディジャパンでまずは成績を残して次にフィジークに行くという人もとても多いです。

ポージングや見せ方の勉強にもなるので、是非一度出場を検討してみてください

巻くだけでシェイプアップ!?話題の発汗ベルト

部位別トレーニング