おすすめヨガマット選び方!人気の厚さや素材までを徹底紹介!





「ヨガマットが欲しいけど、何を選んでいいのかわからない。」

「厚さによって使い方って違うのかな?」

と思ったことのある人いませんか?

ヨガマットは現在スポーツ店に限らず、通販サイトの楽天やアマゾンの他にもニトリ、イオンなど様々な場所で取り扱っている人気商品です。

自宅で運動をする時やちょっと筋トレをしたい時にヨガマットがあったらいいなぁ。と思ったことありますよね?

今回はそんなヨガマットについて詳しくご紹介したいと思います

ヨガマットがあると自宅のフローリングに敷くだけで床を傷つけず、体を痛めることなく運動ができます。

また、滑らないため安全なトレーニングを行うこともできます。

ヨガマットは素材、大きさ、厚さなどが異なるため、自分の用途にあったものを選んで使ってください。せっかく買ったのに「これじゃ使い物にならない!」ということがないようにしてくださいね!

それでは早速行きましょう!

ヨガマットとは?

ヨガマット

ヨガマットとは、その名の通りヨガなどを行う際に使われるマットのことです。

大きさは180㎝幅は60㎝が定番のサイズと言われています。ヨガマットはヨガ以外にも筋力トレーニングにも使われ滑らないものがほとんどなので多岐にわたって使用されます。

現在では比較的どこでも買え、ヨガやピラティスを自宅で行う人が多くなったこともあり、様々な種類が売られています。

ヨガマットの種類とは?

ヨガマット

ヨガマットは大きさや厚さ、素材などに種類があります。

用途によって選ぶものが変わってくるため、まずは「自分が何のために使うのか」をしっかり確認してから購入する必要があります。

ヨガマットの大きさ

ヨガマットのサイズは長さが約180cm、幅が約60cmが一般的なサイズです。男性や大柄体系の方は長さや幅が大きめなヨガマットを購入するといいでしょう。ヨガマットを使用している時に足や体がはみ出さないものを選ぶことがベターです。

ヨガマットの厚さ

ヨガマットは厚さにばらつきがあります。

一般的には「1~3mm」までが薄め。「4mm~6mm」厚めと分類することができます。もちろんそのほかにもあり、10mmを超えるものまであります。

ヨガなど比較的ストレッチのような動きが多い場合は薄めのヨガマットを選ぶといいでしょう。

ピラティスなどの複雑な動きをする場合や筋トレのような負荷が大きくかかる動作をする場合は厚めのヨガマットを購入することをおすすめします。

ヨガマットの重さ

ヨガマット

マットは厚さによって重さが異なります。ヨガを屋外でやる場合や持ち運ぶ頻度が高い場合は薄いヨガマットを選ぶといいでしょう。

自宅で使う場合は厚めのものを選ぶとよれたりめくれたりしないため、集中したトレーニングを行うことができます。

どうしても厚いマットを持ち運びたいという場合は薄いものなら2枚重ねて使用するといいでしょう。

巻いたヨガマットのスタイルが嫌な場合は折りたたみのヨガマットを購入すると収納も簡単にでき目立たずにコンパクトに持ち運ぶことができます。

ヨガマットのにおい

ヨガマットの臭いはほとんど気になりません。ゴムアレルギーをお持ちの方は使用することを避けた方がいいですが、においに関してはそれほど気にすることはないでしょう。

においが気になる場合はヨガマット専用クリーナーなどを使ってマットのお手入れをこまめにすることでそのにおいも軽減されます。

ヨガマットのデザイン

最近のヨガマットはカラーバリエーションやプリントのスタイルが多くなり、おしゃれなものがたくさん出ています。サイズや厚さが決まったらあとは好みのマットを探して自分のお気に入りを購入しましょう。

ヨガマットは自分の気に入ったものを買うことで日々のトレーニングが楽しみになります。

ヨガマットの素材ってどんなもの?

PVC「ポリ塩化ビニール」

昔からある素材がこのPVC素材のヨガマットです。肌触りが良く安定感があり、クッション性も良いためバランスのとれたヨガマットとして使われています。ただし劣化するとボロボロになりやすいです。

商品はこちら

TPE「熱可逆性エラストマー」

最近よく見かける素材で近年多くのヨガマットにこのTPE素材が使われています。

環境への配慮がされているエコな素材であることが特徴で、軽くにおいがほとんど無いためとても使いやすいです。水拭きもできるため清潔で手入れも簡単です。

商品はこちら

天然ゴム

天然ゴムのヨガマットはグリップ力が強く、薄いものが多いです。滑りにくい素材ですがクッション性はあまりありません。

本格的なヨガを行う場合や滑りづらいマットをお探しの人にはおすすめできるマットです。

商品はこちら

レベルにあったヨガマットの選び方!

ヨガマット

ヨガマットには自分のトレーニングのレベルに合わせて選ぶと失敗せずに使うことができます。

用途は初心者、中級者、上級者に分けられ自分がどこのポジションにいるかしっかり見極めましょう。

トレーニング初心者

初心者の人は比較的厚めのマットを使うことがいいでしょう。初めから薄いヨガマットを使うと筋肉のない関節周辺に床が触れると痛みを感じることがあります。

慣れるまではそんなに高いマットを買う必要はないので、とにかく厚いマットを選ぶことが望ましいです。

商品はこちら

トレーニング中級者

中級者の人は3~5mm程度のヨガマットを選ぶといいでしょう。

ヨガやトレーニングに慣れてきた中級者はあまり厚いヨガマットを使うと逆にやりづらいことがあります。

また厚すぎるヨガマットはかさばるため、トレーニングを定期的に行う中級者は少し薄めのものを選びましょう。

商品はこちら

トレーニング上級者

上級者の方は自分一人で行うよりも誰かに教えることが多くなるため、天然ゴムのヨガマット選択すると良いでしょう。

天然ゴムのヨガマットは薄いですがカラーバリエーションが豊富です。人と違ったヨガマットを使いたい人には特におすすめです。

商品はこちら

一押しのヨガマット

ヨガマットは多くのものがありますが、今回は「これを買っておけば大丈夫!」というものをご紹介します。

それはEtech のヨガマットです。

このヨガマットがおすすめな理由は使いやすくて値段が手頃だということです。

素材はTPE素材なため、耐久性があり、水拭きもできるためとても清潔に使い続けることができます。値段は2,000円台で買えるため誰でも買うことができます。

また、このヨガマットは表と裏の色が違うため「どっちがいつも使っている方なんだろう?」と悩まずにすぐに判断できます。裏面には滑り止めもついているので自宅でもスタジオでも使うことができます。

厚さは6mm と少し厚く作られているため初心者から中級者まで使うことができます。

このヨガマットはストラップやケースも付いているためこれ一つで全て揃い他に何も買う必要がありません。

ヨガマットを初めて買いたいという人にはおすすめなのでよかったら使ってみてください。

まとめ

ヨガマットの選び方はわかりましたか?

ネットで探す大量のヨガマットが出てくるので初めて購入を考えている人は少し戸惑ってしまいますよね。

ヨガマットは高い高級なものは10,000円以上したりと値段に差がありますが、まずは2,000円〜3,000円のものを買っておけば十分使えます。

ただし、PVC素材のヨガマットには気をつけてください。特に安い値段で売っているPVC素材のヨガマットはすぐに傷んできます。

筋トレや力の入った動きをするとボロボロになりやすいので、丈夫なものを使いたい場合はTPE素材を選ぶことをお勧めします。

ちなみに腹筋ローラーをヨガマットの上でやりたい場合は薄めのヨガマットか硬いヨガマットを選ぶと使いやすいです。薄いものだと腹筋ローラーが転がりやすく、硬いマットだとヨレる心配がありません。

 

部位別トレーニング