プロフィール


小林 優一郎/Kobayashi Yuichiro

パーソナルトレーナー/柔道整復師/コンサルタント/プランナー

1987年生まれ、長野県出身。

東京柔道整復専門学校 卒業

サロン ピトレスク 代表(長野県松本市)

2015年にかっこよく・美しいカラダを競う「ボディメイクコンテスト」と出会い、ボディメイクの世界に足を踏み入れる。

元々は整骨院に勤務して多くの人と関わっていたため「フィットネスやトレーニングの大切さを知って欲しい」という想いがあり、2016年にプライベートジムを開業。ボディメイクとボディケアの事業を開始する。

カラダを鍛える本質とは何か、またフィットネスをより身近なもにするためどうすればいいかを自問自答する中で、フィットネスが楽しめるような企画を作っていくという一つの答えを見出す。

その後はweb、プログラミング、デザインなどを独自で学び、インターネットで情報発信を始め、プライベートジムではクライアントの希望に沿った体型改善を行う。

現在は「楽しめるフィットネス」をコンセプトにかっこよくファッショナブルなボディメイクを提案し、パーソナルトレーニング、イベント企画、コーチングを行ってる。

小林優一郎が代表を務めるプライベートジムはこちら

メッセージ

new4 はじめまして、小林  優一郎(こばやし  ゆういちろう)と申します。

ここでは僕の自己紹介をしていきたいと思います。

僕は「楽しめるフィットネス」をコンセプトに、プライベートジムの代表としてパーソナルトレーナーの活動をしています。

主にボディメイクやダイエットを行い個人やビジネスマン、企業に対するコーチングやセミナーの提供をしています。

クライアント様の多くは会社社長や管理職の方が多く健康や美容に関心がある方が来店します。クライアント様の年齢層は幅広く20代から70代までの方が在籍します。

ダイエットでは成功率90%以上の実績を誇り、多くのお客様からお喜びの声を頂いております。

痩せるだけで人生が変わったあのとき

僕は今でこそコンテストに出られるカラダになりましたが過去には太っていた経験のある、いわゆる「デブ期」がありました。

末っ子に生まれ、小さいことから両親には「食べろ食べろ」と言われ、食べることが嫌いではなかった僕は言われるがままに食べ続け小学生の時は学年で一番太っていた時期もありました。

太っていた頃は口には出さなかったのですが、コンプレックスを抱え学校に行きたくない時期もありました。

しかし、そんな僕にも転機が訪れたんです。

それは、中学校の野球部に入部したときのことです。当時は練習や試合が毎日のようにあり、一日中走り回っていることが多くありました。僕は太っていたこともあり、みんなの練習についていくのがやっとだったことを覚えています。

来る日も来る日もボールを追いかけ、先生は僕が太っていることなんかお構い無しにボールを四方八方に飛ばしました。正直辛くやめたいと思ったこともありました。

でもそんな練習を重ねているうちにあるとき気付いたんです。

「あれ?体重が減っている。」と

中学生といえば異性やファッションに関心を持ち始める時期。そんな時に僕はカラダが締まって体型が変化したのです。

この経験はまさに人生のターニングポイントになりました。

僕はカラダが引き締まったことでファッションが楽しめ、カラダが思い通り動くようになり、異性から興味を持ってもらえるようになりました。

「痩せるってすごい!」と僕はこの時はじめて肌で実感したんです。

そしてその後はカラダが軽くなったことでどんなスポーツも楽しめるようになり、 高校のウエイトリフティング部ではインターハイ、国体選手になり、専門学生の時は総合格闘技、社会人ではキックボクシングと自分の好きなスポーツを続けることができました。

先生の言った一言が僕の人生を決めた

僕は高校を卒業してからお世話になった先生と話す機会があり、ある時こう言われました。

「なんでバカでもスポーツをやっている奴は胸を張って登校し、勉強ができる頭のいい奴が下を向いて小さくしているのか分かるか?」って。

僕は急にそんなことを言われたので「わかりません」というと 先生はこう続けました。

「バカな奴はカラダを鍛えているから自分に自信があるんだ。だから、なんでも自分ができるような気がするんだ。」

「できるかできないかなんて二の次で自分はカラダを鍛えている、強いと思い込んでるからなんでも挑戦ができるんだ」

さらに、

「社会的に必要とされるのは人間は頭のいい奴じゃない。自信を持って行動できる奴が必要とされるんだ。自分に自信をもてる人間になることが社会人には必要なんだ。」

「カラダを鍛えることは自分に自信をつける。自分に自信がつけば行動が変わるし、積極的に動けば人間の能力も上がる。俺はようやくカラダを鍛える意味に気がついたんだ。」

と言っていました。

確かに体を鍛えることは人としての能力を高め、人間を魅力的に変え、人生を豊かにするとこの時気づきました。

僕はこの話を聞いて、「カラダを鍛える大切さを広めよう。もっと自分に自信が持てないと悩んでいる人に手助けをしよう」と決めました。

洋服を着ても脱いでもカッコいい究極のカラダ

プライベートサロンを開業後はコンセプトに共感してくれた多くのクライアント様が来店してくれました。

「洋服がなんでも着れるから買い物が楽しい!」「カラダが動くようになったから趣味が増えて忙しい!」など嬉しい声を多く頂き、10kg以上のダイエット成功者がどんどん増えました。

そして、一番嬉しかったのは「自信が持てるようになった!」「全然今までと違う楽しさを見つけることができた!」という声でした。

カラダが変われば今まで見てこれなかった世界と出会うことができます。また自分でもこんなことができるんだと驚かされることもあります。

そしてかっこいいカラダが手にはいれば人生は確実に豊かになります。

僕は2017年にボディメイクコンテストを主催し今後はカラダを鍛えることをより身近なものにしていき、もっと楽しいイベントなどを企画していきたいと思っています。

自分に自信が持てなかったり、カラダに不満がある人は是非このブログを読んで見てください。

もし気に入ってくれたら直接僕にメッセージを送って頂けたらと思います。

よろしくお願いいたします。