プロフィール

小林 優一郎(別名:ちっち)

1987年生まれ、長野県出身。

プロモーター/パーソナルトレーナー/柔道整復師

2015年にかっこよく・美しいカラダを競う「ボディメイクコンテスト」と出会い、ボディメイクの世界に足を踏み入れる。

元々は整骨院に勤務し、臨床の現場で多くの患者を施術し治療した経験を持つ。

勤務の中で「運動やトレーニングの大切さ」を痛感し、それと同時に、魅せるカラダは肥満を防げると体感したため、2016年にプライベートジムを開業。ボディメイクとボディケアの事業を開始する。

運動やトレーニングをより身近なもにするためどうすればいいかを考える中で、コンテストを作れば、少しでもみんなにカラダ作りの楽しさ・かっこよさが伝わると、「THE RED CARPET」を2017年に企画し、イベントを成功させる。今年、2018年も引き続き開催。

今では、インターネットで情報発信も始め、プライベートジムではクライアントの希望に沿った体型改善を行う。

現在は「魅せるカラダの作り方」をコンセプトにかっこよくファッショナブルなボディメイクを提案し、トレーニングコンテストの運営などを行ってる。

小林優一郎が代表を務めるプライベートジムはこちら

メッセージ

new4 はじめまして、小林  優一郎(こばやし  ゆういちろう)と申します。

この場を借りて、ちょっとだけ僕の自己紹介をしたいと思います。

僕は「魅せるカラダ」をコンセプトに、プライベートジムの代表としてパーソナルトレーナーの活動をしています。

主にボディメイクやダイエットを行い、コーチングやセミナーもやっています。

クライアント様の多くは会社社長や管理職の方が多く健康や美容に関心がある方が来店します。整骨院をやってたこともあり、クライアント様の年齢層は幅広く20代から70代までの方が在籍します。

ダイエットでは成功率90%以上の実績を誇り、クライアント様からは嬉しい声を沢山いただいております。

痩せるだけで人生が変わったあのとき

僕は今でこそコンテストに出られるカラダになりましたが、昔はただのデブでしたw

末っ子に生まれ、小さいことから両親には「食べろ食べろ」と言われ、食べることが嫌いではなかった僕は言われるがままに食べ続け小学生の時は学年で一番太っていた時期もありました。

太っていた頃は口には出さなかった。いや、出せなかったのですが、正直幼いながらもコンプレックスで学校に行きたくないこともありました。

そういう時って、今でだから言えるんですけど、デブとか、太ってるって言葉にすごく敏感で、子供ながら結構苦痛だったことをよく覚えています。

でも、そんな僕にも転機が訪れます。

それは、中学校の野球部に入部したときのことでした。当時、練習や試合が毎日のようにあり、一日中走り回っていることも良くありました。当然太っていた僕は、みんなの練習について行けず、グラウンドの外周ランニングでは周回遅れが日常でした。

来る日も来る日もボールを追いかけ、デブの僕に対して先生は、容赦なくボールを四方八方に飛ばしました。

僕はこの時、「こいつは俺を殺す気か。明日こそ必ず野球部を辞めよう。」ってマジで思ってましたw

そうですね、多分中学の半分はそんなことを思いながら生活をしていたと思いますw

でもそんな度胸もない僕は、内なる葛藤と戦いながら野球部を続けたんです。

毎日やだなぁと思って部活に行っていたのですが、ある日突然、気づいたことがあったんです。

それは「あれ?痩せてるな。俺」と

中学生といえば異性やファッションなどの関心を抱く時期、そんな時に僕はカラダが締まってことで今までに味わったことのないような経験をしたんです。

カラダが引き締まったことで、まず僕に対する周りの対応が全く変わりました。しかもあからさまに。

そして、次に女性にモテるようになりました。というか、男性として扱ってもらえるようになりましたw

そのほかにも、運動全般は一通り下手でも出来るようになったし、部活でも足を引っ張らずに出来るようになりました。

で、その時に身にしみて思ったんです。

「カラダが変わるってすげーな!」って。

この経験は僕にとって人生最大のインパクトだったと思います。

人は外見じゃないと言いますが、それはほんの一例。

やっぱりなんだかんだ言っても外見が良いことに越したことはありません。

ましてや、10代なんで外見が気にならないと言ったら嘘になります。

そして、その後は僕の思い通りの人生になりました。

カラダが軽くなったことでどんなスポーツも楽しめるようになり、好きだった総合格闘技やキックボクシングなんかもやっていました。

外見へのコンプレックスも無くなったので、女性とも楽しく、パリピの仲間入りもできましたw

コンテストを知った僕の人生はさらに開花!

僕はベストボディジャパンというコンテストをテレビを見て、この業界に足を踏み入れました。

それまでは筋トレには興味があり、ウエイトリフティングやフィットネスジムには通っていましたが、ボディビルのようなカラダには興味がありませんでした。

もちろんすごいという気持ちは当時からありましたが、あのカラダになりたいかと言われたら、決して憧れる体ではありませんでした。

しかし、当時TVで見ていたベストボディジャパンに出場していた選手たちは純粋にかっこいいと思い、僕はその場でコンテストに出場することを決めました。

もうそれからは、ジムに行き来する毎日でした。

来る日も来る日も筋トレに時間を費やし、コンテストで優勝するためにトレーニングを続けました。

その結果、同コンテストの長野県大会では準グランプリを取ることができました。

その後も日本大会NICA JAPANなどのコンテストに出場し、表彰台の上に立つことができました。

なんどもコンテストに出場したことで筋肉の付け方やダイエットの方法は自ずと身に付いていきました。

コンテストに出る度に過去最高の自分に出会えて

「コンテストは順位を決めるものではなくて、過去の自分の姿と出会えるところ」だと痛感しました。

なんか綺麗事みたいですが、本当にこの言葉につきます。

だから僕は自分でトレーニングジムを作って、多くのクライアントが理想の体を手に入れられる場所を作りたいと思ったんです。

魅せるカラダは究極にかっこいい

ジムを開業してクライアント様からの要望で一番多かったことは

「体脂肪が少ない締まったカラダになりたい」ということでした。

最近はダイエットとか痩せるって言葉がチープで古臭いものになっています。

トレーニングをして、筋肉をつけて、体を引き締める。

これからはそういう時代です。というか、もうこの選択肢しかありません。

そしてこの最たるものが「筋力トレーニング」いわゆる「筋トレ」なわけです。

筋トレをすれば欲しい体は、手っ取り早く手に入れることができます。

これは色々なスポーツを体験した僕だから言えることだと思います。

もちろん、他にも良い体を作る方法はありますが、筋トレはどこでもできるし、ジムはそこら中にあるので環境が十二分に整っていると言えます。

体を変えたい!引き締めたい!という人は是非筋トレをやってみてください。

僕はその手助けができればと思いこのブログを始めました。

自分に自信が持てなかったり、カラダに不満がある人は是非このブログを読んで見てください。

もし気に入ってくれたら直接僕にメッセージを送って頂けたらと思います。

カラダはいつでも変えられます。あなたのやる気を無駄にしないでください。

これからの人生良いものに一緒に変えていきましょう。